個人情報保護

PRIVACY PROTECTION

個人情報の保護について

 不二福祉事業会では、「個人情報保護法」、「蒲郡市個人情報保護条例」、「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いの為のガイドライン」などに基づき個人情報保護については十分に配慮しております。

入居者の個人情報は、社会的な義務として守らなければならないものであり、プライバシーを守るということは入居者の人権を守る上で極めて重要なことであると認識しております。

 個人情報は、2005年(平成17年)4月に個人情報保護の制定に伴い、介護施設においても厳しく法律を守らなければならない義務が生じています。個人情報とは、氏名、性別、生年月日、年齢、本人の経済状態、症状、身体状態、家族関係など個人が特定(識別)されるような内容を指しています。

介護の現場では、常に個人情報の取り扱いに注意しなければならないと認識しており、個人情報とは、「個人情報」「個人データ」「保有個人データ」のことを言います。

1.個人情報

 氏名、性別、生年月日など個人を識別する情報、個人の身体、財産、職種、肩書きなどを表す事実、判断、評価を表す全ての情報である。また、公にされている情報や映像、音声による情報も含まれる。暗号により個人が識別できなければ「個人情報」に該当しない。暗号化された情報であっても、他の情報と容易に照合でき、それによって特定の個人が識別できる場合は、個人情報に該当し、法に触れる。

 利用者が死亡した後でも、その人の情報を保有している場合は、漏洩など防止など個人情報と同様の安全管理を行う。利用者の締めなどが書かれたメモも個人情報に該当する。また、利用者の家族に関する情報が記録に記載されている場合は、その家族の個人情報を持っている事になる。

2.個人データ

 個人情報データベースなどを構成する個人情報。特定の個人情報に対してコンピューターを用いて検索することが出来るように体系的に構成した個人情報を含む情報の集合体。コンピューターを使っていない場合、紙面で処理した個人情報を一定の規則(五十音、生年月日)に従って整理、分類し、特定の個人情報を容易に検索することが出来るように、目次、牽引、符号などを付けて他人によって容易に検索可能な状態においているものは対象となる。

3.保有個人データ

 個人データのうち、個人上取り扱いし事業者が開示、内容の証明、追加又は削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止を行う事が出来る権限を有するもの。

以上、不二福祉事業会では、利用者及び職員やボランティアの方の個人情報について、職員一人一人が細心の注意を払って取り扱っています。