不二福祉日記

FUJI FUKUSHI DIALY

不二福祉日記

 不二福祉日記は利用者様の日常や、スタッフの頑張り、季節の行事など幅広く紹介してまいります。

歳末恒例のお仕事

2018-12-13

冬らしい気候になりましたね。そして平成最後の年末です。
「形原眺海園のなんでも職人」三浦さんは、この時期になると門松づくりに取り掛かります。もちろんすべて手作業です。年の瀬の餅つき大会の頃には立派な門松が構えられます。
それにしても切り落とした竹の数の多さ。これは、あちこちの眺海園グループから発注があるからです。ご苦労様です。

!imgalt2!

太鼓の練習

2018-10-18

養護老人ホームでは、月に二回、太鼓の練習があります。
もう何年も続けて、ボランティアで来てくださっている中村先生の下、毎回1時間強の練習です。
入居者の皆さんや職員も含め、先生のご指導を受けながら楽しく、時には厳しく真剣に太鼓を叩いています。
現在練習しているのは 「斉太郎節、郡上節、祇園小唄、八戸小唄」で来年3月に行われる大塚公民館の発表会にむけ、皆さんの太鼓熱も徐々に高まってきています。
しかし、残念なことに太鼓の数が少ない為、不足している太鼓の代わりとして、半円にした竹を太鼓にみたてて練習をしております。この日記を読まれた方のなかで、使わなくなったり不要になった和太鼓をお持ちの方がおられましたら是非ご連絡ください。

野良猫から箱入り息子に

2018-07-15

園に迷い込んできた子猫と生活を共にして今年で2年目が経ちます。名前は【てつ】。初めは警戒心が強く一部の人にしか心を許してくれませんでした。
しかし入居者様、ご家族様、職員から常に声を掛けられ徐々に警戒心も薄れていきました。今や園のアイドル的存在です。姿が見えないと「あれ、今日は猫ちゃんいないね??てっちゃんは??」と寂し気に部屋に戻って行かれる入居者様も見えます。「もはやてつ中毒…??」興味のある方はぜひ会いに来てください!!
皆に愛され幸せいっぱいにみえますが一つ悩みがあります。腎臓が悪く食事制限が必要なことです。沢山食べたい気持ちを抑えて日々暮らしている【てつ】なのであります。 (五井眺海園)

ところてんと紫陽花

2018-06-23

梅雨の湿気から涼を求めて、ところてん作りと紫陽花見物を楽しみました。
まずはところてん。各々の皆さんが天突きを押し出し、ツルンと出てきたところてんは器に転がり、あっという間にツルリと皆さんの喉を通りました。
 そして紫陽花。形原温泉郷にある眺海園ですから、もちろん敷地内にもたくさんの紫陽花が咲きほころびます。ちなみに形原温泉の紫陽花見物も予定していましたが、当日は大雨に降られてしまい断念。そんなとある梅雨の日の形原眺海園でした。

!imgalt2!

食事会

2018-05-13

4月23日(月)、3階のたんぽぽで食事会を行いました。今回は入居者様リクエストでお好み焼きを作って食べました。厨房の皆さんが作ってくれる食事はもちろんおいしいのですが、目の前で焼いたお好み焼きでフロアは美味しい香りが充満し食欲を誘い、中には夕食が食べきれなくなってしまうほどたくさん食べた方もいたようです。今後も、それぞれのユニットで計画し様々なものを作り入居者の皆さんに提供していければと思います。 (蒲郡眺海園)

!imgalt2!

楽しい秋の外出

2017-12-06

秋は行楽の季節です。11月のすずらんでは10日に、みかわ温泉(西尾市)に外出してきました。
目的は大衆演劇と歌謡ショーを観て、昼食を食べること。
演劇では思わず涙ぐまれる方もみえ、歌謡ショーも演者さんの綺麗な衣装に皆さんくぎづけの様子でした。
昼食も皆さん満足されたようで、いつもよりたくさん召し上がる方もいました。
楽しい秋の一日となりました。

!imgalt2!
!imgalt3!

穏やかな日常と特別な日

2017-11-10

朝の仕事がひと段落してから、みんなで散歩に出かけています。目の前に田園が広がり、車通りもないので、ついついあっちこっちと眺めながら散歩しています。今の時季稲穂がきれいですね。ちょうど曼殊沙華も一斉に咲き季節の移ろいを感じます。
なばな苑ではお誕生日は特別な日。どんなケーキがいいか聞きながら、喜んでもらえるように一緒に作ります。今回はオレンジ・苺・マンゴーを飾り中にバナナを挟んでいます。年齢を重ねると皆にお祝いされる機会は少なくなってきます。美味しく食べ、楽しく過ごす時間を大切にしていきたいですね。

!imgalt2!

『眺海園オレンジカフェ』

2017-09-04

今年の4月から毎月1回日曜日に蒲郡眺海園で、認知症の人を介護しているご家族、要介護のご本人、地域の人、医療・介護の専門職など、どなたでも参加できるカフェを開催しています。
認知症に関するミニ講座もありますが、ご家族の方、要介護の本人が同じような状況にある人たちと話をしていただく交流場、息抜きの場となり、地域の人たちにも参加していただき認知症に対する理解が深まればいいなと考えスタートしました。はじめは皆さん緊張されていますが、話をするうちに顔も心もほぐれて和気あいあいとした雰囲気でお茶を飲みながら話をしていかれます。
日曜日の昼下がり「一緒に行ける場所がないかな…?」と思っている方がおみえでしたら、眺海園オレンジカフェにいらっしゃいませんか?
《今後の開催予定》9月10日、10月15日(資生堂に依頼し、いきいき美容講座を開催します。要申し込み)、11月12日、12月17日、1月14日、2月11日、3月11日 いずれも日曜日13時30分から15時ころ

ゆっくりでいいと思います

2017-07-29

人にはそれぞれ時間の流れ、感じ方があります。
五井眺海園デイサービスセンターは、今日も一日穏やかでした。長い間一生懸命に頑張って来られた方々です。ホッと一息ついて、ときにはお散歩、ときにはおしゃべり、お菓子作りもたまにはやってみようか。無理はせず、ひとりひとりができる事をできる時に、やりたい事をやりたい時に。そんな一日を過ごして頂けたらと、日々みんなで考えています。これから暑い日が続きそうです。皆さんの心と体の変化を見逃さないように、笑顔で過ごして頂けるように、明日も寄り添っていきたいと思います。

皆様の気持ちに少しでも寄り添えるように

2017-05-07

『形原眺海園デイサービスセンターあじさい』
人の心に自分を近づける、難しい事ではありますが日々を笑顔で過ごせるには
そんな思いが大切に感じます。
先日形原北保育園へ伺いました。園の子供達の歌や踊りの披露を見つめるまなざしや
子供達と握手する時の嬉しそうな笑顔を見て私達も嬉しくなりました。子供達の元気なパワーをもらえたようです。こんな一時を大切にしながら皆様と毎日を過ごしていきたいです。

+ONE体操

2017-03-31

デイサービスセンターたんぽぽでは、日々の機能訓練で「+ONE体操」を取り入れて行っています。これは①数字をプラスして行う体操②プラス思考で行う体操③継続して行うと脳と身体にいい体操として事業所独自の体操です。また体操後は個々の頑張りに「いいね!」と称える言葉かけにも取り組んでいます。利用者様の「いいね!」と笑顔をたくさん引き出します。

コグニサイズ

2017-03-28

三谷デイサービスでは、すべての機能訓練運動プログラムに「コグニサイズ」を導入しています。コグニサイズとは、認知課題と運動を同時に行う二重課題(2つの作業を同時に行うこと)によって、脳の活動を活発にします。コグニサイズの目的は、運動で体の健康を促すと同時に、脳の活動を活発にする機会を増やすことです。職員と利用者様と一緒に行うことで、間違えて笑って、楽しんで行っています。

地域交流

2017-03-27

10/8(土)去年に引き続き大塚神明社のお祭りに参加してきました。くじ引きに参加し、今年も和牛とは行かず、5等のお菓子でした。10/18(火)に大塚西保育園におじゃまし、外で園児たちと交流会を行いました。園児たちの元気な声、姿を見てご利用者様皆さん自然と笑顔になっていました。これからも地域とのつながりを大事にし、地域の支えになれるような事業所、介護状態の方でも役割をもって生き生きとした生活が送れるよう職員一同頑張っていきたいと思います。

地域交流